Prev » Next «

労務管理

就業規則の見直しはお済でしょうか?毎年の様に労働法制は改正されます。

経営者の皆様は、他社との取引の際、一回限りの物品の売買においては「契約書」を交わさないこともあるでしょうが、長期間に及びかつ継続的に役務の提供をうける場合などは、多くのケースで「契約書」を結ぶことが多いでしょう。

しかし、人を雇う場合「雇用契約書」を結ばない企業様も多く見受けられます。
また就業規則も一度作成して、労働基準監督署へ提出して終わり。という場合もよくあります。
ところが、就業規則というのは従業員全員と結ぶ長期間にわたる雇用契約書の機能を持つ書類です。(例えば、就業規則に規定がない懲戒処分は認められません)
毎年の様に改正される労働法規にあわせた、また企業独自のルールにのっとった就業規則を整備しておかないと、労務トラブルが起こるのも当然であると言わざるを得ません。

自社の労務管理状態のチェックや、受給できる可能性のある「助成金」のチェックに!

(無料ですのでご自由に、ご利用ください。当事務所へはデータは届きませんので、
会社名はご記入不要です。)

就業規則診断
(↑をクリックしてください。)

就業規則労務リスク診断
( ↑をクリックしてください。)

助成金診断
( ↑をクリックしてください。)

Copyright(c) 2016 堀内社会保険労務士事務所 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme